サラリーマンの夜明けぶろぐ

20.30代サラリーマンが経済的、社会的に独立して自由人になるための手法を考察、研究、実践をレポートするぶろぐです。

貯金1000万円を3年で作る!超実践メソッド

特に理由はないけど、金が欲しい!使い道はわからない!という時ありますよね。

 

私は昔からお金の保有=自由を感じる尺度にしていたようで、この想いが強かったです。どんだけ不自由感に苛まれてたんでしょうね。

 

ただ、その意識から

3年で1000万円を構築できました。試行錯誤の結果でしたが、これをシンプルにやればもっと早く達成すできたかもしれませんが、

備忘録としてまとめてみます。

 

自分の経験則から

3年で1000万円の貯金を作るのに以下の4つのポイントがありました。

 

①月々貯金5万円

②ボーナスは20万円貯金

株式投資をやる。ただ、超硬い銘柄で。

④貯金300万円からスタート。

 

 

特にこの④は必要な頭金です。

先立つものが無いと何もできない。1000万円貯めるためにはまずは300万円がスタートライン。しかし、①②③は粛々とやっていきます。

 

 

 

【毎月定額貯金が基本かつ、最強】

毎月5万円の貯金、そしてボーナスでの20万円の貯金。これは毎年100万円貯めるための現実的な貯蓄スピードだと感じる。毎月10万円にすれば、当然貯蓄スピードは増すが、日々の生活がしんどいものになるし、そうなると高い確率で息切れする。実際に自分は無理でした。手取りの3割以上の貯金は不可能ではないですが、無理は生じます。1ヶ月や2ヶ月なら良いですが、1年、2年となると歪みが生まれます。

「貯金は時間が武器」です。継続できてはじめて大きな成果がでるので無理しない額を設定し、それをやり切ることが基本、かつ極意です。余裕があれば、ボーナス貯金を増やすといいですね。

貯金を長続けるコツは貯金以外は使い切る!くらいのつもりでいるとバランス取れた感覚でした。

f:id:tenshokumaster489:20170509211603j:image

 

 

【株投資は堅い堅い銘柄で】

貯金で3年間300万円を産む計算になります。

 

頭金300万円と合わせて、600万円になります。この時点でもよく頑張った!という感覚ですが、あと400万円産み出し、1000万円プレイヤーになっていきましょう!

 

僕の場合、頭金の300万円のうち、50万円を生活予備費として残し、250万円を株式購入に充てました。購入銘柄は三菱UFJ銀行。手堅すぎますが、良いのです。

株式投資もつまるところ、ギャンブル側面はなくならないのでリスク回避はある程度必要。そう考えるなら手堅い銘柄が良い。その理由は日本を代表する企業はその規模に応じて、相応の応援者がいます。この応援者達が会社が破滅するような危機が起きても支えてくれるからです。

 

ベネッセ、東京電力パナソニック、シャープ。ここ数年でも不祥事や業績不振で世間わ賑わせた企業も不死鳥のごとく、今復活しています。

私が投資したUFJは、大型銘柄ながら、3年の動きで、約2.5倍に株価が騰がり、250万円→650万円になりました。大きなトラブルが無く、市況が良ければ大型株でもこんなチャートになり得ます。

f:id:tenshokumaster489:20170509211646p:image

 

 

【再現性がある資産形成を】

 

①3年の貯金→300万円

株式投資→650万円(投資額250万円含む)

③残金→50万円(生活予備費として残したお金)

合計1000万円

 

上記は実際に取り組んだ内容ですが、1000万円作り出す手法は数多あります。

大事なのは、再現性があるかどうか、そして、作ったお金をどうするか、だと考えます。

 

1000万円あっても大金持ち、とはなりませんが、人生を豊かにする選択肢は増えます。

その選択肢から次のノウハウを構築していくのが資産形成の醍醐味です。

f:id:tenshokumaster489:20170509211349j:image